営業時間:10:00 〜 18:00 定休日:毎週木曜日 072-457-9544

レンタルで人気の正統派振袖「JROSSO」|かわいく華やかにオシャレかつ目立つ!

2021.07.13

振袖選びで、人気の高いJROSSO(ジェイロッソ)☆

プランドール振袖レンタルでもお取扱しており、大変人気の振袖です!

当店にあるお振袖をご紹介していきます。

ため息が出るほどの美しさ。

正統派ふりそで、そろい踏み

JROSOOのテーマは『ニッポンの正統』。

古くから伝わる吉祥文様を鮮やかにあしらった、清楚な雰囲気で着こなせる格調の高い振袖がそろい踏み。

インスピレーションを大事にしながら色や文様を味わって、二十歳の門出にふさわしい一着を。

NO.1 雲のように浮かぶのは、色とりどりの飾り松。

華やかに咲く菊と牡丹の間に見えるのは、平安の姫君が愛した御所車。

清楚な水色に吉祥文様が映える

No.2 熨斗を大胆にあしらった正統派

江戸時代から振袖に多く用いられてきた、束ね熨斗を大胆にあしらった正統派振袖。

美しいグラデーションに映える地模様に、雪輪、笹と、宝尽くしの優雅な趣き。

束ね熨斗について

No.3 目を引くのは、愛らしい鈴の文

黄を帯びた鮮明な朱色は太陽を表す色。

古くから神事や祭事に欠かせない神聖な色を晴れの日にまとって。

No.4 伝統の総鹿の子染めを現代的にアレンジ

大輪の菊の合間に七宝文。

可愛らしい下駄の文から、からんころんと、軽やかな音が聞こえてきそう。

No.5 冴え渡るような瑠璃色が鮮烈

紅葉に菊、牡丹と四季のモチーフが美しい。

手描き友禅によって描かれた豪華な御所車に、都の風を感じて。

 

No.6 深みのある紺青色(こんじょういろ)に笹や梅

落ち着いた雰囲気に見えるのは、文様の一つひとつが上品であればこそ。

淑女にふさわしい粋な美意識が伝わる。

No.7 晴れ渡る青空のような花浅葱色(はなあさぎいろ)が鮮烈。

大胆にあしらった大熨斗文、老松の中に菊、笹の中に七宝(しっぽう)、松竹梅と、まさに宝尽くし。

熨斗文とは・・・

七宝とは・・・

No.8 平安貴族がこよなく愛した桜の文様

華やかな朱の鹿の子染めに舞い踊る花びらがエレガント。

No.9 由緒ある花車、菊に菱文、雲取りと、さまざまな吉祥文様を散りばめて

春の息吹を思わせる草木色に袖や背の朱が鮮やかに映える。

 

No.10 実力派職人の手による貴重な手描き友禅

漆黒の生地に鮮やかな花たちがひときわ映える美しい柄ゆき。金と銀の針松、流水文で華やかに。

 

No.11 ふんわり優しい色合いが◎

ブルー、ピンク、紫、黄色など、ふんわり優しい色合いの地に、花々が可憐に描かれ、女の子らしさいっぱいの一枚です。帯や小物は、優しい色で統一しても、濃い色でキリッと引き締めてもOK。貴女らしいコーディネートを楽しんでください。

 

No.12  注目のミントグリーン

フレッシュなミントグリーンが印象的なこちらは、貝桶や花々が可愛らしく描かれ、キュートでほどよく個性的。二十歳の若さを引き立てる、今だからこそ着ていただきたい一枚です。

 

No.13  豪華な柄ゆきの正統派

シックな落ちついた濃い紫地に、大小様々な花々が艶やかに描かれ、華やかで、品のよさを感じる振袖。豊かな色彩が、着る人の存在感を際立たせます。美人度高めな正統派の一枚です。

 

 

No.14  大人可愛いオシャレな一枚

黒地に女の子らしい色合いの花々が散りばめられ、大人可愛い印象の一枚。重ね襟にショッキングピンクなどビビッドな色味を効かせれば、更にオシャレ度アップ!華やかに、オシャレに着こなしていただきたい一枚です。

No.15  薔薇のモダンな一枚

人気の白地に真っ赤な薔薇が華やかに描かれ、モダンな印象。薔薇は西洋では、「愛」「美」「純潔」「喜び」の象徴とされ、日本では、大正期に着物の柄として流行したそうです。所々に配置された黒がアクセント。甘くなり過ぎず、大人っぽく、華やかに着こなしていただきたい一枚です。

 

No.16  古典柄が映える赤振袖

真っ赤な地に、枝垂れ桜や、菊、牡丹、御所車に貝桶など、古典柄が映える、二十歳の門出にふさわしい華やかな一枚。裾や袖に配された黒が絶妙に全体を引き締めています。艶やかに纏っていただきたい美人度高めの振袖です。

 

誇り高き、ニッポンの正統

 

二十歳を祝う記念すべき日に振袖をまとう。

それは、大人として認められたことの証。

一人の女性として、自分の足で、強く美しく生きるためのスタートでもある。

自然をモチーフにした日本古来の色、祝福の席に華を添える縁起の良い吉祥文様(きっしょうもんよう)。

愛すべきニッポンの正統が二十歳の幸せな未来を願い、誇り高く輝かせる。