営業時間:
10:00〜18:00
定休日: 
水曜日
072-457-9544
☎

Topics 着物や振袖にまつわる最新の情報をお届けします。

2020.03.19

振袖の柄~バラのもつ意味、色によって違うんです~

皆さまこんにちは。

プランドール振袖のスタッフ鶴西です。

今日は振袖の柄の薔薇(ばら)文様についてご紹介させていただきたいと思います。

柄の意味を知れば、より振袖選びが楽しくなりますよ。


♥薔薇に込められた意味とは?

現代柄の振袖としてバラの花は最も多く使われています。

桜や牡丹などと異なり、西洋花であるバラは伝統的に着物に使われてきた花ではありません。

しかし、桜や牡丹と同じくらい華やかさがあり一般にも愛されているバラは、現代では着物の柄として非常に多く使われています。

バラは種類が非常に多く、花言葉もたくさんあります。

たとえば、青いバラはこれまで作ることが難しかったことから「奇跡、不可能」という花言葉でした。

しかし、現代になって青いバラの生産が可能になったことから、花言葉も「夢が叶う」に変わりました。何ともロマンチックな話ですね。

愛と美の象徴として扱われることが多い薔薇…♡

古くから、想い人へ気持ちを伝える花として用いられ、 恋愛に関する花言葉が多いことでも有名なんです。

では、バラの色それぞれの意味を見て行きましょう。


  • ・・・赤は魔除けの意味を持ちます。太陽や火、血の色でもあり、古くから神聖な色とされてきました。

「愛情」「美」「情熱」「美貌」

 

  • ・・・晴れ渡る空や美しい海をイメージさせる青。冷静さを意味し、知性を表す色でもあります。

「夢かなう」「奇跡」「神の祝福」

 

  • ・・・自然や植物をイメージさせる緑は、穏やかな癒やしの色。安定感や調和を表します。

「穏やか」「希望を持ち得る」

 

  • ピンク・・・桃色や桜色、ローズなど、女性らしく可愛い色み。優しさや柔らかさを感じさせます。

  「おしとやか」「上品」「可愛い人」「美しい少女」「愛の誓い」

 

  • ・・・日本だけでなく世界的にも「高貴な色」とされます。優雅さや高級感を感じさせます。

「誇り」「気品」「尊敬」

 

色や本数などによっても意味があるほどに、親しまれており、現代花柄において、華やかさNO.1です。

薔薇柄の振袖も多数ご用意しております。

時にはやさしく、時にはかっこよく、変幻自在のバラを装いましょう!